加藤忍九郎

当社は、・・・・

加藤家は伝承によると「尾張(現在の名古屋市)中村」の出身であり、「加藤清正」の代で熊本に移り、二代目加藤忠廣の代に「改易(藩の取りつぶし)」になり、郷里の尾張に帰る途中当家の初代は「加藤本家の支族(親戚)」であったことから備前の三石に土着し、農業に従事していました。

明治になり「学制」が始まり、筆記用具としいの「石筆」需要が高まり、それの生産に従事(外部環境への順応)しました。石筆製造で発生する膨大なくずを利用して、官営や幡製鉄所創業時に耐火煉瓦生産(外部環境適合、資源の有効活用、付加価値の増進)を開始して、耐火物関連製品の製造に従事してきました

電話をかける